社員研修で何を身につける?ブラッシュアップ研修とは?

新人なら社会人としての基本を身につけさせる

小学校を卒業すると中学校、その次は高校、大学と教育機関にどんどん進学していきます。大学になるとかなり自主性が重んじられるため、人によってはかなり考え方が変わるようです。学生時代から社会人としてのスキルを身に着けている人もいますが、大抵の人は自由な大学の生活にだれた状態になります。大学を卒業すると、今度は社会人として生きていかねばならず、大学生の延長の気分では仕事はできません。そこで行われるのが新入社員研修になります。会社によって行われる内容は異なりますが、かなりスパルタな研修を行う企業もあります。挨拶や名刺交換などの基本的な内容だけでなく、極限状態になったときに適切に対応できる精神力を身に着ける教育も行われます。

一旦行った教育を再度行って力をつける

社員教育の中に、ブラッシュアップ教育と呼ばれるものがあります。いろいろな目的で社員教育が行われますが、永遠に行われるわけではありません。一定の教育期間が終わればその後はそれぞれの現場に戻ります。そして教育で受けた内容を活かして仕事をしていきます。しかし、教育で受けた内容ばかりをするわけではないので、受けただけで終わってしまう可能性もあります。そこで、一定期間後にきちんと身についているか再度集まって行います。最初の教育では、あくまでも教育を受けただけなので、それが実践的に使えるかがわからない状態でした。ブラッシュアップ教育では、受けた教育を実践的に行った後に行います。最初よりも、身に付きやすくなります。

マネジメントゲームとは経営シュミレーションゲームのことをいい、企業経営の概略、利益、コスト構造を学び、会計学を身につけます。利益を出す為の行動を学び、ハイレベルな意思決定を目的としています。