代襲相続って何?遺留分は誰でも請求できるの?

代襲相続の仕組みを確認しておく

相続が行われるとき、相続税法上は法定相続人が重要になってきます。実際に誰に相続したかに関わらず、相続税の計算はまず法定相続人を前提に行われます。税金額が決まれば、後は実際に相続を受けた割合に配分されていきます。法定相続人は、配偶者は常になりますが、それ以外は子、直系尊属、兄弟姉妹となり、それ以降はありません。つまりは孫などは設定されていません。しかし孫も法定相続人になります。子が法定相続人の時、その子が亡くなっていて孫がいるとき、代襲相続として孫が権利を引き継ぎます。この時、子が相続放棄をしたからと言って代襲相続されるわけではありません。亡くなったり、欠格に該当するとき、排除によって該当しなくなったときに引き継がれます。

兄弟姉妹は遺留分の請求ができない

相続を行うとき、遺言書があれば基本的には遺言書が優先されます。法的に問題が無ければ、その内容で遺産が分割されます。法定相続人に配分されない遺言がされれば、本来受けられる人が受けられなくなります。家族同士のいろいろな事情に対して、法律ではどんな仕組みが用意されているかです。一応遺留分請求権と呼ばれる権利があります。遺言書で法定割合以外で遺産を分割するように指定された時、法定割合の一定分は法的に請求する権利が残されます。請求をしないと受けられないので注意が必要です。ただし、兄弟姉妹は法定相続人に該当しても遺留分の請求ができません。遺言書で兄弟姉妹には一切渡さないとあれば、残念ながら受けられなくなります。

相続税の税理士を神奈川で探す際には、これまでの実績や問い合わせ時の対応などを考慮することで、より安心して依頼できる税理士が見つかります。