事故時にレンタカーや宿泊が必要になった場合でも自動車保険は力になります

ロードサービスはガス欠や鍵の綴じ込みだけではない

自動車保険が提供しているロードサービスはガス欠や鍵の綴じ込みなどだけではないです。事故を起こし、レンタカーや宿泊が必要になる場合もあります。そのような時にもロードサービスはかなりの力になります。

レンタカーを利用できます

事故を起こすと当然車は修理が必要になるので、使用不可能となります。しかし路線バスなどがない場合には自動車の修理が完了するまで生活に困る場合があります。その際には保険会社がレンタカー会社の代金を支払ってもらえる時もあります。実際には一旦レンタカー会社には支払いをして、領収書やレシートを後日保険会社に提出すると、使用した代金を返金してもらえます。

宿泊費も保険会社が負担します

事故をした時間帯が夜などでレンタカー会社も対応できない際にはホテルを利用しなければならない時もあります。その際のホテル代金も保険会社が負担してもらえます。支払い負担額の上限額は保険会社によって違いがありますが、搭乗者全員の一泊分の宿泊費を負担してもらえる時がほとんどです。立替払いの場合もあるので、保険会社に確認が必要です。

レッカーも無料で行います

事故車を修理する場合には整備工場まで車を移動させる必要があります。保険会社では整備工場までのレッカーに対応しているパターンがほとんどです。保険会社によってはレッカー可能な距離が指定されている時もあります。整備工場までかなり距離がある時には有料のサービスとなる可能性もあるので、実際にレッカーを依頼する際には保険会社に聞いてみる事が必要です。

自動車保険の比較は年齢や利用目的に合わせて自分に最適な保険を絞り込むことができます。相場やサービスの違いも比較で分かります。