プロスポーツ選手にならなくてもスポーツ業界で仕事はできる!

スポーツトレーナーとして働くのもあり

何もプロスポーツの選手にならなければ、スポーツ業界で仕事ができないわけではありません。スポーツトレーナーになっても、業界ではしっかりと仕事をしていけます。スポーツトレーナーは、有名選手と専属契約を結べれば、安定した収入が得られるようになるので悪くありませんよね。頑張れば自分のジムを持つこともできますし、将来性も低いとは言えません。何より、自分が大好きなスポーツ業界で仕事がしていけるのがいいですよね。プロの選手と違って、定年までしっかり働いていける可能性が高い点も魅力です。

プロのスポーツトレーナーになるための方法

スポーツトレーナーとしてプロになりたいなら、まずはしっかりと勉強をしなければいけません。人間の身体についての勉強や、効率的なトレーニング方法についての勉強は必須になります。独学でこれらをマスターすることはほぼ不可能なので、専門学校に通うのが一般的です。スポーツ系の専門学校も現在はたくさん登場してきているので、そうしたところで勉強をして、アスレティックトレーナー試験などに挑戦をします。資格があれば、仕事もやすくなって便利です。

スポーツ系専門学校の選び方をチェック

まず、どういった資格を取得させてもらえるのかはチェックしておきましょう。代表的な資格を在学中から狙っていくことができれば、卒業してすぐに仕事にありつくこともできるでしょう。カリキュラムをチェックすることも大事ですが、卒業生がどの程度スポーツ業界に入り込んでいるのかも調べておくべきです。人脈はこの世界ではかなり重要になるので、卒業生の数や質には注目しましょう。

スポーツの専門学校とは、スポーツインストラクターやコーチなど、スポーツのプロを養成する学校のことです。