単位制高校とは、どんな高校なの?学年制との違いについて

単位制高校のシステムとは?

高校は1年生から3年生までの学年制を採用している所が多いですが、学年制ではなく、単位制を採用している高校も存在しています。

そもそも単位制の高校には、学年という概念がありません。各科目ごとに単位数が予め決められており、卒業要件を満たす必要単位数を修得することで高校を卒業できます。単位制高校の場合、たとえ単位を落としてしまっても、すぐに留年になるわけではありません。単純に単位が足りなくなるだけです。しかしながら最終学年の時に必要単位数に満たなかった場合は、卒業できずに次年度も通学することになります。

また単位制高校では必修科目が定められているものの、全ての科目が必修というわけではありません。自分が好きな教科や興味をもった科目を、優先して選ぶことも可能ですし、苦手な科目は受けなくても大丈夫です。

なお通信制高校で単位制を採用している場合、定期的なレポートの提出によって、単位を修得できるケースもあります。

単位制と学年制の違いについて

学年制の高校の場合、1年ごとに必要な単位数が決められています。すべての単位を修得できなければ、進級できずに留年することになります。このため単位制と比べて、学年制は厳しいシステムだと言えるでしょう。

しかしながら単位制の場合、修得する科目を自分自身でしっかり管理しなければ、卒業時に単位が足りなくなる危険性も出てきます。学年制と比べて、自己管理をしっかり行うことが大切です。

単位制の高校は自分のペースで学業を進められるため、スポーツや芸能活動に打ち込みたい時や、働きながら高校卒業を目指したい時に向いていると言えるでしょう。

単位制高校とは、学年ごとのカリキュラムが決められている学年制高校と異なり、必要な単位数を修得することで卒業できる高校です。大学と同じように、自分で科目を選んで時間割を組み、学習していきます。