専業主婦もイデコに加入すべき?加入によるメリット・デメリット

専業主婦がイデコに加入する際の注意点

2017年1月に個人型確定拠出年金制度が改正されたことに伴い、イデコという愛称がつけられました。制度の改正によって加入対象が広がり、ほぼすべての人が加入できるようになりました。

しかし専業主婦がイデコに加入する際には、いくつか注意したいことがあります。それは、イデコのメリットでもある所得税と住民税の控除を受けられないことです。通常、イデコでの毎月の掛金は全額所得控除となるため、年間の掛金×税率分だけ所得税と住民税が軽減されます。しかし専業主婦で、自分の収入が無ければ、掛金分を控除する所得がありませんから、節税効果を得ることができません。さらに節税できないにもかかわらず、口座管理手数料や国民年金引き落とし手数料、信託銀行管理手数料は毎月発生します。そのため専業主婦がイデコに加入する場合は、投資信託で元本を増やさなければ、元を取れません。分散投資で元本割れするリスクを回避しながら、資産を増やしていきましょう。

加入で得られるメリット

イデコは、加入した人が自分のために積み立てた個人の年金です。そのため、もし離婚したとしても、イデコで積み立てたお金は自分の財産として残ります。離婚した場合は自分で生計を立てていかなくてはいけませんから、万が一のことを想定してイデコで積み立てておけば、安心です。

また自分の収入が無いと所得税・住民税の控除という節税効果は得られませんが、この他2つの節税効果は収入が無くても得られます。掛金の運用によって得た利益は非課税ですし、60歳以降で受け取る際も一定額まで非課税です。

老後に備えて資金を準備したいときに役立つのは、非課税のメリットが活かせるイデコです。またバランス型のファンドを選ぶと、誰でも分散投資が行えます。