情報処理と情報技術の違いは?資格と技術はどっちが大事?

情報処理と情報技術では学ぶ内容が異なる

専門学校を選ぶとき、学校名などで何となく何が学べるかを想像するかもしれません。コンピュータやプログラミングを学びたいなら、コンピュータの文字が入っていればとりあえずは何らかのコースがあるかもしれません。意外にもプログラミングが学校名に入るケースが少なく、悩みの種になりがちです。よくあるのが情報処理と入っている学校や情報技術の言葉が入っている学校です。同じ情報でありコンピュータで扱うので、プログラミングが学べそうと選ぶ人もいます。プログラミングなら、情報技術の学校の方が良いでしょう。プログラミング技術などが学べます。情報処理は、コンピュータやソフトを使った事務処理などを学びます。簡単なプログラムも一応は学べます。

資格を取得できる学校と技術が学べる学校

コンピュータやソフトは非常に必要でありながら、この仕事に携わる人が少ないとされています。そのための教育機関は多く、専門学校も多くあります。また、資格を通してコンピュータ技術を取得してもらう取り組みもあります。コンピュータに関する資格を取れば、就職や転職などに役立てられるでしょう。プログラミング関係の専門学校を選ぶなら、資格を取得できる学校を選んでみましょう。技術者の登竜門的な資格から、プログラマーがもっておきたい資格までいろいろ取得できるよう支援してくれます。一方で資格取得よりも技術重視の学校もあります。ゲームプログラミングなどは技術の方が大事かもしれません。より多くの実習ができる学校の方がいいでしょう。

プログラミングやデザインについて学びたいなら、ゲームの専門学校で学ぶ方法がおすすめです。シナリオやゲームミュージックなどの勉強もできます。