エクセルは基本的な使い方を覚えることが重要

基本の理解が応用に繋がる

エクセルは個人から法人まで幅広く利用されているソフトの1つです。数字の集計や平均の算出、グラフ化など非常に多機能なソフトなので、使用できれば仕事がはかどります。また、エクセルを使用できることに加え、資格を取得していれば就職や転職で活動する時に強いアピール材料になります。エクセルはまず基本的な使い方を覚えることをおすすめします。基本を飛ばしていきなり応用に進んでしまうと、わからないことが多いので習得に時間がかかってしまいます。そこで、基本を一通り学んでから応用に移行することによって理解が進みます。エクセルの基本的な使い方については参考書やインターネットの情報などでわかるので、まずはチェックしてみましょう。

独学でも十分に習得可能

エクセルの使い方を覚える場合は参考書やインターネットの情報を活用する独学、パソコン教室の利用の2つがあります。パソコン教室を利用する場合のメリットは、講師に何でも聞きながら勉強できることです。わからないことはすぐに質問できる状況なので、きちんと理解したい方にはピッタリです。ただ、パソコン教室で学ぶ場合は料金を支払うことになります。独学は参考書やインターネットの情報を活用するだけなので、パソコン教室よりはお金はかかりません。わからないことがあった時は基本的に自分で解決しなければならないため、勉強のペースが遅くなることはあります。しかし、応用ではなく基本であればパソコン教室を利用しなくても、独学で十分に習得可能です。

エクセルの講座には、集中講座や基礎講座などさまざまなコースがあります。ビジネスでエクセルを活用する場合は基礎講座からじっくり学ぶことをお薦めします。