セルをコピーしたらどうなる?セルの値をつなげたいときは?

特定のセルを固定的に参照させたいとき

エクセルでセルのコピーをするとき、使いやすさを考えてくれているなと感じます。A列とB列を足した結果をC列に表示する計算式を1行目に入れたとします。後は1行目の計算式を2列目以降にコピーすると、自動的に2列目や3列目にもコピーされます。コピーはそのまま複写する意味ですが、そのまま複写するわけではありません。3列目なら、足す相手も3列目にしてくれます。一行一行入力する必要はありません。非常に便利ですが、この便利な機能が困る可能性もあります。1行目で算出した値をすべての行で使いたいとき、コピー機能だと行の値が変わるため、1行目を常に参照してくれません。この時には、ドルマークを挟んでセルの参照を指定します。これによって、コピーしても行は変わらなくなります。

文字と文字とをつないで表示させる方法

エクセルで、数字と数字を足してその計算結果を表示させるのは簡単です。セルをプラス記号でつなげば表示できます。四則計算はすべて行えるので、足したり引いたりした結果を表示できます。では、文字列と文字列をつなげたいときはどうしたらよいかです。ある列に都道府県名のみがあり、隣の列に市区町村名のみがあり両方をつなげて表示させたいときがあるでしょう。この時は、アンパサイド、アンドと呼ばれる記号を使ってセルとセルをつなぎます。これによってあるセルの値と別のセルの値をつなげて表示させられます。数字においても同じようにつなげられるので、123と入ったセルと456が入ったセルをつなげば123456と表示させるようにできます。自分でわざわざ入力し直す必要はありません。

MOS講座とは、MOS試験合格を目指している方向けの講座です。MOSは、マイクロソフト認定の世界標準資格です。ビジネスパソコンスキルの証明になる為、人気がある資格です。